格安な引っ越し業者でも、注意して確認しておきたい事とは。

hikkosi-cat

引っ越し業者は全国に数千社にも上ると言われており、激安な業者からサービス重視の業者まで様々です。

どこの業者を選ぶにしても確認をすべき事は保証と、荷物や建物に対する養生です。


保険の点に付いて、正規に登録を行っている業者であれば、貨物保険に加入する事が出来ますが、認可を受けていない、いわゆるもぐり業者では保険に加入できず、万が一の場合でも保証されません

引っ越しで物が壊れるという事例は年々の件数で5%にも満たない数値になりますが、特に多いのは繊細に作られている家電類です。

家電だけを運ばれる方も増えてきているので、安心のできる引越し業者を見つけるなら下記のHPを見て下さい。
家電 引っ越し
安い業者では赤帽や便利屋さんを候補に入れる方もいらっしゃるかもしれませんが、両社の決定的な違いは保険に加入できるか出来ないかです。
便利屋さんの場合では運搬を行い賃金が発生する行為を禁じられているため(いわゆる白タク)、運搬の依頼する事は出来ず、出来る事は引っ越しの手伝いのみとなります。もちろん保険も出ません。

養生は荷物や建物を傷つけないように保護をするという方法で、たとえ少ない荷物でもちょっとしたミスで壁を傷つけたり穴をあけたりする事は考えられます。

当然こちらも、行わない業者は論外になります。

また引越しで大手と呼ばれる業者は、
アート引越センター
サカイ引越センター
アリさんマークの引越社

の3社です。

ヤマトや日通が無いじゃないかと思われるかもしれませんが、元々が運送業のため、建物の養生や搬入方法など専門性の高い引っ越しについては先の3社に軍配が上がります。

とはいえ、大手以外でも水準が上がってきているので中小や地域密着型の値段で勝負をしてくれる業者も侮れません。